本文へスキップ

「見たいところを見えるようにする技術」にチャレンジする。ダイプラ・ウィンテス株式会社

TEL. 048-645-4171

〒330-0854 さいたま市大宮区桜木町4-247 OSビル5F

 リモート支援サービス


   えっ!? 耐候性試験機もテレワークできるんですか??

   働き方改革やCOVID-19感染拡大の影響により、オフィスワーカーにおけるテレワーク/リモートワークは浸透しつつあります。そのような状況においては工場や研究所などにおける技術者・研究者のQOL(Quality of Life)向上のためにもテレワークの普及を考える必要があります。
   耐候性試験業務のうち、試料をセッティングしたり、試験後評価は「オンサイト」でないと難しいですが、それ以外の動作確認やログ管理などの作業を「オンライン」で実施することで不要な出社の軽減が可能となります。当社のお客様に対して超促進耐候性試験機メタルウェザーの管理・運用・トラブルシュートに関わる業務をご自宅や出先から行えるようにリモート技術を用いた支援サービスを開始致します。
 
サービスコンセプト
いつでもどこでも試験状況を確認できる!
 ① 遠隔監視による動作確認&アラートメール
    ・どこからでも複数設置場所・複数台の装置をまとめて動作確認
    ・トラブル発生時のアラートメール送付により装置停止期間の短縮 
装置が壊れても、すぐに診てもらえる!!
 ② 装置操作による簡易トラブルシュート
    ・試験の開始・停止などの操作に加え、プログラム上でのトラブルシュートを実現
    ・当社サポートからのアクセスによるエラー原因の早期追及、初期対応が可能
試験の正常な進行が一目でわかる!!!
 ③ ログ管理や外観チェックによる試験再現性の確保
    ・装置に保存されるログデータ(温度、湿度等)の確認により正常な試験動作を担保
    ・別途データロガーやカメラを取り付けることで、試験体温度や外観についても詳細に把握可能

オンラインサポート(受託試験/装置見学/操作説明/セミナー講習)
多くの技術者・研究者の方は現場主義であり、受託試験や装置見学の際に試験場やラボにご来訪いただき、オンサイト(現地)でご対応させていただいでおりました。
一方でCOVID-19感染拡大により出張制限や自粛が求められることで、業務が滞ることが懸念されます。そこで、当社ではオンラインによる様々なサービスをお客様にご提案をさせて頂いております。
① 受託試験
テレビ会議システムを繋ぎながら、弊社技術スタッフがユーザー様のサンプルを試験いたします。
その際にWebカメラにて測定の様子を映すことで、測定の進め方や実施内容についてオンサイトと同様にディスカッションしながら進めることができます。  
② 装置見学
装置の外観やサイズ感、設置環境などを把握いただくことで見学回数を減らすことができます。  
③ 操作説明
ユーザー様のPCへモニタリングソフトウェアを導入することで、弊社技術スタッフが遠隔で装置を操作し,操作講習やトラブルシュートなどを行うことができます。
また公式YouTubeチャンネルにて操作方法や簡易メンテナンス動画を公開予定。  
④ セミナー講習
耐候性や劣化解析などを勉強し始めた方向けの基礎セミナーや弊社研究員の最先端の事例を紹介することで装置への理解を深め、技術者のレベルアップに貢献します。  

バナースペース

ダイプラ・ウィンテス株式会社

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町4-247
OSビル5F

TEL 048-645-4171
FAX 048-645-4169